場所打杭工事/TBH BH DH

電話番号


TBH杭工法

image

MPD掘削機軌電停止作業

image

TBH掘削機による導抗内施工

BH工法が正循環であるのに対し、「逆循環 (リバースサーキュレーション)」で大口径ボーリングを可能にした工法です。従来のリバース工法に加え、トップドライブ方式を採用した本工法は、狭小、低空間での施工条件下で大口径掘削でも迅速・容易に施工することができます。また正循環掘削工法で発生するスライム沈殿の問題も解消し、確実な管理・施工が行えるようになりました。 近年、盛んなジオフロント工事に対しても、既存の構造物下のような作業空頭が低い狭隘な条件下で実力を発揮するため、多数採用されている工法です。

「特長」

  1. 施工機械が小型のため、狭小な敷地での施工が可能。
  2. 高架下や屋内など、作業高さが低い場合でも施工が可能。
  3. 進入道路が狭い場合でも、軽量で小型であるため、搬出入が容易に行える。
  4. マシンの組立・解体に重機を必要としない。
  5. 施工時の騒音・振動がきわめて低レベルである。
  6. 孔底のスライム処置が確実に行える。
  7. トロコイドビットを使用することにより、玉石・軟岩層の掘削が可能である。
  8. 最大φ2500mmまでの大口径の掘削が可能である。
  9. 拡底杭も施工可能。

TBH工法基本フローシート

image

BH杭工法

image

BH (Boring Hole) 工法は、強力な動力を持つボーリングマシンを使用し、ボーリングロッドの先端に取り付けたビットを回転させ、ノーケーシングで掘削する工法です。掘削には安定液を使用し、これをグラウトポンプでビット先端に送り込み、掘削された土砂を上昇水流によって孔口に運び、サンドポンプで排出する「正循環」方式となっています。掘削終了後はスライム処理を行い、場所打ちコンクリート杭の造成あるいは既製杭の建て込みを行うことができます。既存の杭掘削工法の中で、最もコンパクト性にすぐれた工法といえます。

「特長」

  1. 施工機械が小型のため、狭小な敷地での施工が可能。
  2. 高架下や屋内など、作業高さが低い場合でも施工が可能。
  3. 進入道路が狭い場合でも、軽量で小型であるため、搬出入が容易に行える。
  4. マシンの組立・解体に重機を必要としない。
  5. 施工時の騒音・振動がきわめて低レベルである。

掘削フローシート

image

DH杭工法

image

近年の掘削機の発達にともない、泥水を必要としないエアーハンマーが開発され、特に山岳土木工事 (地すべり工、道路拡幅工、治水工) における岩盤掘削工事で多用されるようになった工法です。 圧縮空気をハンマー本体内へ送り込み、ピストンの往復運動によりハンマービット先端へ打撃力を与え、岩盤にせん断破壊を起こす打撃掘削方式で、掘削ズリはエアーの流速により地上に排出されるようになっています。従来のロータリーボーリング工法に比べ、岩盤・転石層の掘削スピードが格段に向上した工法です。

「特長」

  1. 打撃掘削であるので、岩盤・転石層の掘削が迅速に行える。
  2. 安定液を使用しないため、給水設備が不要で汚泥を発生しない。
  3. 岩盤掘削でビット給圧を必要としないため、垂直精度が高い。
  4. 付帯機械の設備が少なく、設置移動や搬出入が容易である。

掘削フローシート

image